私の履歴書(笑)①:株で大儲け編

今や1円でも使うのが惜しい私ですが、株で儲けて派手な生活をしている時期がありました。

なんて言うと、派手な生活がどんなだったか、って話よりも、「そもそも株って儲かるの?」って聞きたい方のほうが多いんじゃないでしょうか。

 

言わせていただけば、簡単に儲かります。

 

私は企業の財務とか業績とかは全然わかりません。

株の知識も全然ありません。

それでも10年以上、勝ち続けてきました。

 

これ以上もったいぶるとウザいでしょうから、その方法を言います。

「朝に売って昼に買う」これだけです。

 

難しいテクニックとか知識とかは、全く要りません。

朝一番で信用売りをして、タイミングを見て買い戻すだけです。

 

少し調べれば誰でも簡単にわかります。

日本の株式市場は、総じて「寄り天(朝一番の株価が一番高いこと)」なのです。

理由はいろいろ考えられますが、理由なんて勝てたらどうでもいいです。

まぁ極端な表現をしましたが、朝一より下がるか上がるかっていうと、長い目で見ると、10勝9敗だったり、10勝10敗だけど下がる時の方が大きく動いたり、って感じで、下がる傾向が優位に収まっていきます。

朝一で売って昼間買い戻す、っていうのをずっと続けていると、長期的にはほぼ間違いなくプラスになります。

 

だけど結局負けてるじゃんよ、と言われると、確かにそうなんですが、私の敗因は、欲を出して大きな勝負に出たことです。

コンスタントに毎日ルール通り売買を続けていたら、今でも勝ち続けていたと思っています。

 

私はもう万が一にも負けられない境遇なので、あの世界へ戻る気はありませんが、資金と強靭な精神力がある方は、このやり方を長く続ければ、8割方勝てると思います。保証はしません(笑)

 

あ、なんか単なる投資術自慢になってきましたので、話を元に戻しますね。

  

えっと、10年以上負けなしって言いましたが、贅沢な暮らしを10年以上続けてたってわけではないですよ。

ずっと、小遣い稼ぎに株取引をしてきて、「なんかいけそう」ってなったんで、大きな金額での取引をはじめて、贅沢をしていたのは1年ぐらいですかね。

で、更に大きな勝負に出て、破滅したと。

 

負け惜しみかも知れませんが、すごく後悔しているかというと、そうでもないです。

毎日豪華料理を食べていた頃よりも、週一の王将を楽しみにしている今の方が充実しています。

なんというか、ほんの少しのことで喜べるから、かえって毎日にメリハリができている気がします。

 

うん、やっぱ節約はレジャーなんです!

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ